右向き三角1高金利通貨の政策金利一覧表(トルコリラ・南アランド・豪ドル・NZドル)
 ※ 豪準備銀行(中央銀行、RBA)は政策金利の据置きを決定(11/3)

2015年05月17日

【スワップ複利運用】南アランドをドルコスト平均法買い91日目(13週)

高金利通貨のスワップポイントと売買益だけで南アランドとNZドルをドルコスト平均法で買っていくスワップ複利運用

亀のようにノロいスピードでコツコツとでも着実にスワップを増やしています。

最初はゆっくりでも複利運用のすごいところは後半の伸びですから、
ローリスクでほぼほったらかしで運用していきます。

にほんブログ村 為替日記

今週は、南アランド円の購入週でした。

南アランド円は10円以下の買付けが続いていました。しかし、
今週は10円越えていたのでレバレッジ2倍の買付けをすることにしました。

そして変更通り、2,500円分の通貨を購入しました。

買値は 10.0316円 で 498通貨 でした。
いつもの3倍強です。


それでは買付け結果です。

建玉は 22 になり、

1週間の増加スワップは +132.9465円
91日目(13週間)でスワップは +1522.3641円 となり、

トータルでは 7799.2825円 となっています。


表で確認です ↴

       【スワップ複利運用(ドルコスト平均法買い)】
    スワップ複利運用
        ※最初の2週分は情報を残してないので載せていません
        ※ピンクの日付は買付け額の500円分のスワップがたまった日です


SBI FXのスワップポイントの付与は少し変則的ですね。 ↴
        スワップカレンダー SBI FX
                           ※クリックで大きくなります

解説のページが探せなくて未だによくわかりません 汗

おそらく通常に戻って、1週間の増加スワップは130円台だと思われます。
今週の南アランド円の買付けが来週以降影響してくることを期待しているのですが、どうなりますか。


南アランド円は週後半上げましたね。
売りを仕掛けても面白いと思いますが、怖くてできません。

今は、とりあえずシンプルに行きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ありがとうございました。
最後にワンクリックお願いします




Sponsored link
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。