右向き三角1高金利通貨の政策金利一覧表(トルコリラ・南アランド・豪ドル・NZドル)
 ※ 豪準備銀行(中央銀行、RBA)は政策金利の据置きを決定(11/3)

2015年05月03日

【スワップ複利運用】南アランドをドルコスト平均法買い77日目(11週間)

貯まったスワップポイントで高金利通貨の南アランドとNZドルをドルコスト平均法で買っているスワップ複利運用

毎週月曜日に南アランド円とNZドル円を交互に購入しています。
今週は、南アランド円を購入しました。

勢いでスタートしたドルコスト平均法買いも今は慣れて
毎週月曜日の買付けが楽しみの一つになっています。

にほんブログ村 為替日記

先週のNZドル円は91円を超えていたのでレバレッジ2倍で買付けしました。

しかし今週の南アランド円はいい具合に値を下げていたので、
いつものようにレバレッジ3倍での買付けを行いました。

買値は 9.8304円 で 152通貨 でした。
どういうわけか南アランド円とは相性がいいようです。


ということで買付け結果です。

建玉は 20 になり、

1週間の増加スワップは +136.27円
スワップは77日(11週間)で +1303.0692円 の増加となりました。

トータルでは 7579.9876円 です。


表で確認です ↴

      【スワップ複利運用(ドルコスト平均法買い)】
   スワップ複利運用
      ※最初の2週分は情報を残してないので載せていません

1週間の増加スワップが136円台となり、順調に増えています。
今のところは、4週間で買付け額(500円)がたまるペース。
もう少し増えてきたら買付け額か買付けペースを考えようと思います。


そして、嬉しいことに20銭間隔で仕掛けている1万通貨の手動トラリピが4/28に決済をしてまたまた利益2,288円を運んでくれました ↴

【複利運用+手動トラリピ】 SBI FX
手動トラリピ SBI FX

これで4回分の買付け額を確保し7月末までは心配がなくなりました。
スワップ複利運用をしながら同じ口座で手動トラリピを仕掛けています


複利運用だけよりも、南アランド円の手動トラリピと連動するとかなりいい運用ができるように思います。

soon 5月は3つのお得な口座キャンペーンを開催中です(下段で確認してください)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ありがとうございました。
最後にワンクリックお願いします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。