右向き三角1高金利通貨の政策金利一覧表(トルコリラ・南アランド・豪ドル・NZドル)
 ※ 豪準備銀行(中央銀行、RBA)は政策金利の据置きを決定(11/3)

2015年04月26日

【スワップ複利運用】NZドルをドルコスト平均法買い70日目(10週間)

貯まったスワップポイントで高金利通貨の南アランドとNZドルをドルコスト平均法で買っているスワップ複利運用。

毎週月曜日に南アランド円とNZドル円を交互に購入しています。
今週はNZドル円を購入しましたが、少し工夫をしてみました。

にほんブログ村 為替日記

今週のNZドル円は月曜日に91円を超えていました。
ここでも書きましたが、NZドル円は高めの値位置にあります。

このまま買い続けていくと高い値位置のポジションが増えることになるので、これを避けるために90円以上の買付け額を2倍の1,000円分にすることにしました。

スワップポイントは減ってしまいますが、レバレッジを低くすることで下げたときにより安心して運用することが可能になります。

そして80円とか70円になったときにはレバレッジを高くして利益を増やす戦略です。

すると断然安定感が増しますからね。

ということで、
今週の買値は 91.6837 で 10通貨 の購入となりました。


買付け結果です。

建玉は 19 になり、

1週間の増加スワップは +134.3188円
スワップは10週間(70日)で +1166.7992円 の増加となりました。

トータルでは 7443.7176円 になりました。


表で確認です ↴

       【スワップ複利運用(ドルコスト平均法買い)】
   スワップ複利運用(ドルコスト平均法)
     ※最初の2週分は情報を残してないので載せていません

なんと1週間分のスワップが130円台になりました。
たった500円分の買付けですが複利の運用で確実にスワップが増えていってます。

複利のパワーは後半に爆発力を発揮しますから、今後が楽しみです。

soon 運用ルールはこちら



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ありがとうございました。
最後にワンクリックお願いします end




Sponsored link

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。